ムダ毛の原理がわかる

ムダ毛の原理がわかる
タバコはニコチン、タールなど体に有害なものがおおく含まれ、これが女性ホルモン分解してしまいます。
これが分解されて減ってくれば、まず心配なのが生理時不順など婦人家計トラブル。
しっかり生理が来ても排卵がされてない無排卵月経が考えられ、表面的にトラブルなくても注意しましょう。
女性ホルモンは子宮など正常な働きを促す以外に、潤い、艶がある肌を保って、紙にはりを与える働きがあります。さらにバスと、ヒップの膨らみなど、女性らしいボディラインを作るのも女性ホルモンです。
これが少なくなれば、婦人家系疾患のリスクが高くなり、美容面でいろいろトラブルがあることがあります。
女性ホルモンの美容効果は、ムダ毛が濃くなるのを抑えること。
そして男性ホルモンはムダ毛を濃く太くさせる効果があって、女性モルモンが減ることによりムダ毛抑制ができなくて、相対的に増えた男性ホルモンがムダ毛をやはすわけです。喫煙習慣のある女性で、昔よりむだ毛が濃いと思ったなら、それはたばこが原因のケースが高いです。
さらにこわいのが、鼻下にひげが生えたり、顔の産毛がだんだんこくなっていくこと。男性ホルモンでムダ毛が濃くなるのはひざしたや顔などです。
すでに脱毛サロンで脱毛してる方がかなり今うが、誰でもできるだけ早くツルツルになりたいもの。実際タバコを擦っれば脱毛効果が出にくいです。ムダ毛が生える周期はホルモンバランスで左右されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です